ふじさんミュージアム
サイトマップ トップページへ
Billingual
English
Chinese
Chinese
korean
portugues
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
ご利用案内
施設案内
企画展
イベント
書籍
各種申し込み
Information
6/22-9/23企画展「富士山禅定-登山道四十四の世界-」:7/1-「記念物100年展」
サイトの現在位置
トップ施設案内附属施設のご案内
 
2019年7月4日 更新
印刷用ページを開く
附属施設のご案内
ふじさんミュージアムの附属施設をご案内します。
※お知らせ
ミュージアムエリア内の整備工事につき、付属施設(農家・御師住宅等)の利用及び園内通行等に制限があります。

ご不便おかけしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

  ・第2駐車場(道の駅向かい)は、工事のため利用できません。第1駐車場もしくは新駐車場をご利用ください。
旧宮下家住宅(公開中)
市内小明見にあった木造平屋建、茅葺入母屋造り、面積118u(約36坪)の民家で、平成2年(1990)に博物館に移築復原されました。宮下家は屋号をニイエといい、代々名主を努めていた家の分家で、宝永4年(1707)の富士山噴火のころに建てられたという伝承があります。内部の柱の配置や梁組の構法などから18世紀ないしそれをさかのぼる時期に建られたと考えられます。昭和54年の調査において、この地域における江戸中期の民家を知る上で重要とされ、また当初材が9割かた残存しており、ほぼ完全に復元が可能であるという点でその価値が認められ、同年12月に県の文化財に指定されました。(入館料無料)
みやしたけしゃしん
 旧武藤家住宅(移設保存修理工事中)
市内下吉田にあった木造平屋建、茅葺入母屋造り(カブト造り)、面積154.83uのやや大型の民家です。昭和58年移築復原されました。建築年代は、間取りの形式及び土間周辺の柱に太い材料を配置していることや、その内の数本に平刃とともに蛤刃の手斧跡が残っていることなどから、江戸中期以前と考えられますが、内部の改造が著しく、建築当初の材料は土間周辺に集中しているのみで、完全な復元は困難でした。そのため江戸末期頃と推定される改造時期のものをもとに復原しました。屋根の形は、この地方に広く分布しているカブト造りと呼ばれる形式で、破風に広く設けられた開口は屋根裏で行う養蚕のための採光と通気のためのものです。昭和58年、市文化財に指定されました。
むとうけしゃしん
御師住宅【小佐野家模造復原住宅】(公開中ですが、公園工事進捗状況により閉館する場合があります)
御師の宿坊として代表的な建築物で、現在も市内上吉田に残る小佐野家住宅と、同家所蔵の古図をもとに昭和58年(1983)に復原した模造の建物です。小佐野家は屋号を堀端屋といい、建物は文久元年(1861)に建築されたものです。建築面積は291u(約88坪)、奥行きのある母屋は一部二階、切妻造りで、再後部に神殿を配した御師住宅の一般的な形式を伝えています。軒はせがい造りとし、妻には細かく組んだ束と貫を見せ、屋根は勾配が緩く古くは板葺きでした。富士山御師の宿坊としての形態をそのまま残しており、また全国でも数少ない社家造りの例として貴重なものといえます。実物の小佐野家住宅は、昭和51年に国の重要文化財に指定されました。(観覧料無料)
おしじゅうたくしゃしん
本文終わり
ページのトップへ
ふじさんミュージアム
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田2288-1
Tel: 0555-24-2411  Fax: 0555-24-4665